医療現場で活躍する異なる分野のスペシャリストたち!

臨床と医療機器のスペシャリスト「臨床工学技士」

臨床と医療機器のスペシャリスト「臨床工学技士」
LINEで送る
Pocket

特殊な役割

臨床工学技士は生命維持装置のメンテナンスや操作を行いつつ、患者さんと直接接することもあり、機械と医療の双方に関わることのできる特殊なポジションの仕事です。他の医療スタッフとは異なる医療のスペシャリストとしての魅力ややりがいをみていきましょう。

臨床工学技士にしかできないこと

臨床工学技士は、医療分野に興味があり、かつ機械が好きであるという人にとっては天職と言える仕事でしょう。生命維持装置という医療機器の点検や保守をして、医師の指示に沿ってそれを操作していきます。病院に設置している様々な医療機器を操作・補助できるのはこの仕事だけです。扱う医療機器の技術は日に日に進化していきますので、今以上に高度化していく機器に対応できる人材の需要は今後も増えていくでしょう。そのため、将来性も十分にあります。
また、機械に触れられる魅力だけではなく、医療従事者として患者さんの命や健康に携わる責任感のもと、真剣に業務に取り組めるというやりがいがあります。医療と機械のスペシャリストとして活躍していくことができるのは、この仕事ならではの魅力です。

やりがいを感じるシーン

具体的にどのような瞬間にやりがいを感じることができるのかをみていきましょう。臨床工学技士は、治療や検査の最中に患者さんの容態が急変することもある緊張感のある場面で大きな役割と責任をもって働くことになります。治療や検査に必要な医療機器をすぐに使えるように準備をして、緊急時に必要な処置を頭に入れながら、医師の指示を受けて機器の操作をしていきます。その際には、医師だけではなく他の医療スタッフとも連携しながら業務を進めていくことになります。このようにチーム医療に貢献しながら、患者さんの命に関わる業務に携わっているという責任感が、大きなやりがいにつながっていきます。

これから伸びていく

臨床工学技士はできてから日が浅い仕事なので、将来性があるのも魅力です。勉強会などの機会も多く、新しい知識を取り入れながら成長していくことで、どんどんスキルアップしていくことができます。また、認定資格の取得をしてキャリアアップを図ることもできます。自ら学ぶ姿勢があれば、自分の努力次第で仕事の幅を広げていくことができます。結果として待遇もよくなり、さらにやりがいが大きくなっていくでしょう。
歴史が浅いとはいえ、現代の医療現場にとっては必要不可欠な仕事となっています。土台となる知識と技術を身につけ、日々進化していく医療技術を学んでいくことで成長し続けることができ、満足感を得ながら業務に取り組むことができるでしょう。

コチラの記事が人気!