医療現場で活躍する異なる分野のスペシャリストたち!

臨床工学技士の仕事とは?

臨床工学技士の仕事とは?
LINEで送る
Pocket

臨床工学技士の役割

医療機器のスペシャリストとして活躍するのが、臨床工学技士です。医療技術は日進月歩で成長しており、それに伴って医療機器も年々高度化しています。そのような高度な技術を要する医療機器の数々をいつでも安全に利用できるよう、保守管理や点検を行い、生命維持装置などの操作を行います。病気のなり始めである急性期から長期にわたっての治療が必要となる慢性期まで、幅広く疾患への対応を行っていく仕事です。
各分野の専門家が力を発揮しながら連携しつつ医療を提供していくチーム医療の中で、臨床工学技士は日ごろから医療機器のメンテナンスをしつつ正確に操作していくことでチーム医療の一端を担っています。近年は在宅医療推進の取り組みが国として行われていることもあり、自宅で透析治療を行う患者さんへのサポートも重要な役割となっています。

総合病院と大学病院

大きな病院には総合病院と大学病院という2つの種類があり、それぞれの持つ機能は異なります。まず総合病院は地域医療を担い、急性期からリハビリまで幅広い医療を提供しており、介護事業所と連携しながら地域に貢献していく役割を持っています。大学病院も多くの診療科が備わっていますが、総合病院と異なる特徴として教育・臨床・研究という3つの機能を持っている点が挙げられます。そのため、先進医療や臨床研究に対して力を入れているのは大学病院のほうになります。
もちろんどちらの病院でも多くの経験を積むことはできますが、最先端の医療に触れていきたいと考えるのであれば、学会の研究発表など学ぶ機会の多い大学病院のほうがいいでしょう。

配属先ごとの仕事内容

診療科には様々な種類があります。心臓血管外科なら人工心肺業務に携わることになり、循環器内科なら心臓カテーテル業務や不整脈治療などを行います。消化器内科・外科、整形外科だと内視鏡を扱うことになります。
透析室に配属された場合には血液浄化業務を行うことになります。患者さんの穿刺までに回路の組み立てやプライミング、そして薬剤の準備などを行っていきます。
手術室の場合は、手術前に麻酔器の点検を行ったり、その他に利用される医療機器のセッティングを行います。使用する医療機器にトラブルがあった場合には早急な対応が必要になります。
集中治療室、いわゆるICUでは、重症度の高い患者さんに対して24時間体制で治療を行っていきますが、この中で臨床工学技士は生命維持装置の操作や点検を行います。こちらも、なにかトラブルがあった際には早急な対応が求められます。
高気圧治療室では、高気圧酸素療法に使われる高気圧酸素治療装置を扱います。場合によっては、患者さんと一緒に臨床工学技士が高気圧酸素治療装置に入って治療していくこともあります。

コチラの記事が人気!